医者

早期発見で末期を避ける|早めに癌の転移に気づこう

病室

早期発見早期治療で寛解

手のこわばりを感じたら気のせいと思わずに、世田谷区にあるリウマチ科のある病院で診察を受けることで、早期発見早期治療で寛解を目指すことができます。世田谷区には、リウマチ科をもっている専門病院が幾つかあるので人気があります。

眠る人

原因不明の腫瘍

聴神経腫瘍は、耳鳴りや難聴などの症状が現れたのち、めまいが強くなってきます。ほとんどは良性の腫瘍です。腫瘍が大きくなると神経などを圧迫するため、注意が必要です。治療は、手術を行い、腫瘍を取り除きます。

早期発見で治療を目指せ

胸

いちから分かる癌転移の治療方法ガイド

癌が転移した場合は絶望せずに、こちらを!高い効果がある治療法を紹介しているので、利用したい場合はかかりつけの医師にじっくりと相談しましょう。

血液やリンパに乗って移動

がん腫瘍が初めに出来た場所を「原発」と言います。初期の段階でこの腫瘍が発見された場合には、がん細胞はその場所に留まったままです。しかし癌が進行すると、がん細胞は血液やリンパの流れに乗って体の違う場所に移動していきます。これが癌の転移です。また、原発がんが進行に伴い臓器を突き破ったり、破裂させたりすることもあります。その場合にも、周辺にがん細胞がまき散らされることとなり、転移したことになります。手術で取れる腫瘍は、ある程度の大きさになっていないと取ることが出来ません。もし原発である腫瘍を切除したとしても、目に見えないような小さながん細胞がすでに転移していたり、取りきれなかったりする場合もあるので、がん腫瘍を切除した後は抗がん剤治療を行っていくのです。

早期発見が極めて重要

がん細胞は、健康な人でも毎日作られています。しかし、人間の体には免疫機能があるために、これらの異常な細胞は自然に体の外へ排出されるようになっています。ところが、ストレスや加齢などが原因で、がん細胞が外に排出されない場合があります。すると、そのがん細胞がどんどん大きく成長し悪性腫瘍となるのです。悪性腫瘍は、周りの細胞から栄養を吸収して大きくなります。大きくなった腫瘍はやがて臓器を突き破ったりして周辺に転移することになります。そのようなことから、癌の早期発見、治療は重要になるのです。また、太い血管やリンパが多く集まっている部位にがん腫瘍が出来ると、全身転移の可能性はさらに高くなります。癌のなかでも転移しやすい癌と転移をほとんど起こさない癌があるのはそのためなのです。転移を予防するには、手術の後の放射線治療や抗がん剤が効果的ですが、喫煙や飲酒、ストレスなどの生活改善も大いに効果があるため実践するようにしましょう。

病院

がん治療の強い味方

免疫細胞のひとつである樹状細胞を使った樹状細胞療法があります。がん細胞が増え過ぎて、対応が追いつかなった樹状細胞を体外に取り出し、増やしてから体内に戻す治療法です。自らの細胞を使うので、副作用も少なく通院だけですむなど、身体に負担がかからないメリットが大きいです。