がん治療の強い味方|早期発見で末期を避ける|早めに癌の転移に気づこう
ナース

早期発見で末期を避ける|早めに癌の転移に気づこう

がん治療の強い味方

病院

体内を守る守護神

がんの治療には大きく分けて手術、抗がん剤、放射線治療がありましたが、新たに第4の治療法として免疫療法が加わりました。その中のひとつに樹状細胞療法があります。樹状細胞ワクチンとも呼ばれています。樹状細胞とは名前の通り枝を伸ばしたような姿をしている免疫細胞のひとつです。異物であるがん細胞を発見したり、攻撃する免疫細胞たちにそれぞれ命令を与える司令塔のような役割を持っています。特に凄いのは自らがん細胞を食べて情報を得ると、がんの目印を表示します。攻撃役のリンパ球は樹状細胞から目印を教えてもらうことで、がん細胞を狙って攻撃を始めるのです。何気ない日常の中でもがん細胞は毎日発生し続けています。でも、免疫細胞たちのおかげで、がんにならずにすんでいます。しかし、がん細胞がたくさん増殖してしまうと、樹状細胞の働きが追いつかなくなりがんになってしまいます。そこで、樹状細胞療法の出番です。

身体にやさしい治療法

樹状細胞療法は体内から取り出した樹状細胞を培養し、たくさん増やしてから再び体内に戻すことで免疫力を高める治療法です。その際に樹状細胞に食べさせるがん細胞が必要となりますが、既に手術で取り除いてしまったり、逆に取り出せないなど自己細胞を用意できない場合もあります。その場合は、人工的に作成したがんの特徴を持つ細胞を使うので大丈夫です。樹状細胞療法にはメリットも多くあります。自らの免疫細胞を活躍させる治療法の為、身体への負担も軽く副作用もほとんどありません。他の治療法と組み合わせることで、更に効果をアップさせ、がんの再発防止にも繋がります。さらに免疫細胞は身体中を巡りますので、転移したがんへの効果も期待されています。入院の必要もなく通院だけで治療を受けられる樹状細胞療法は患者さんにとっても心強い味方になってくれるでしょう。